スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執着がなくなってきた

2013.11.19.Tue.07:37
今日は、日本語のプレイグループ。
タケルくんが、ほかの子に手を出すので目を離せず、
今日も4人ほど叩いたり引っ掻いたり、押したりして、泣かせて、平謝り。
我が子がひどい目にあって、モロ態度に出すお母さん、
もう何するのよ!と顔に出てるから、
何言っても無駄だから、もう謝ったらそれでおしまい。

子供といってもみんな違う。
男の子でも、静かな子や、タケルくんのように活発で、時には攻撃的になる子もいる。
うちの子はしないのに、もっとしっかり見なさいよ。と言われてるようで、
恥ずかしい。
もうこれは、スミマセンと頭を下げる練習だと思って、
みんなに誤って歩く。

自分と友達と始めたものの、もう友達に任せてしまった。
自分の方がとかいうエゴもあったけれど、
実際は、彼女の方がはるかにうまかったりする。
もう、来年は引っ越すと決めたし、
みんなが楽しければそれでいいやと思えるようになった。
すると、アイデアもどんどん出して、
手伝いも受け入れて、
楽な気がする。
私がやらなきゃを手放すとなんて楽なんだろう。

一応引越し先は、グラストンベリー。
どうやって現実にするかは決まっていないけれど、
来年必ず引っ越す。
まだ誰にも言っていない。
言うとダメとか言うから、
自分で決めて、行動にする。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。