スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am powerless.

2013.08.20.Tue.06:02
昨日、ロンドンの友達にチャットで話を聞いてもらった。
彼女はカウンセラーなので、質問がすごい。

その質問に答えていたら、

今までの自分は、力のない被害者で夫はコントロールしまくって最悪。無力な私は一人で自立できないから夫と暮らすしかない、というお話を私は勝手に作り上げて信じ込んでいた。
あれ?これって本当?
なんと真実じゃなかったりする。
これに本当はこっそり気がつき始めていた。

事実は、息子連れて家を出ても十分、数年は食べていけるお金があった。
なぜか私はこの貯金を、忘れ去ろうとして、生活保護を受けようと期待した。
現実は、私は一銭ももらえない立場。
今回初めて、あれ?私っていつでも家でるお金があるじゃん。
全然無力でもない。?
じゃあ、一体何をそんなに躊躇してるのか?
それは、夫と話し合ったことがなかった。
何度も挑戦したけれど、彼が逃げてしまってダメ。
普段言っても彼は批判だと思って、全く聞いてない。
言わなくてもわかってよは通じないのにそれをしていたと気づいた。
だからお互いの気持ちは全く通じてない。
数年前にフィンドホーンのエンジェルはOpenだった。
?だったけれど、一つは心を開く、あとは口を開くなど、私が苦手なものをエンジェルがついていてくれた。
今ようやく、Openに向かう自分がいる。
出て自立する立場になって、よくわかったのが、
彼は、色々見えない費用と淡々と払い続けていたこと。
ケチとか言って文句言っていた自分が恥ずかしい。
ぜんぜん感謝せず、役に立たない男と心の中や口でさんざん避難し続けた。
自分のやっていたことが恐ろしい。
本音を話してみて、もう同じところにいなければ、
今までありがとうで別の道を選択できる。

ようやく、はっきりとまず先にやることがわかった。
これがわかったからか、体の痛みが出てきた。
今までブロックしていた痛みが気づきによって、感じられるようになった。
体ボロボロ。よく今まで持ってくれていた。
どうしてこの痛みを感じられなかったか不思議なくらい。。。
なので家を出る前に最後に一度思ったことを話してからでも遅くはない。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。